こんばんは。今回の記事は2018年に理系の就活生に人気の企業ランキングの記事を書いていきます。いよいよ本日から就活が解禁しました。まだ何も準備をしていない人もいれば企業説明会に行って就活を始めている人もいるかと思います。そんな中理系に人気の企業を10個ほどランキング形式で紹介していこうと思います。それでは早速ですがランキングの方を始めてみます。

 

理系必見!就活人気ランキング!!

第10位 トヨタ自動車

まず第10位にランクインした企業は日本を代表する企業であるトヨタ自動車になります。やはり日本を代表する企業ですので人気があります。理系でトヨタ自動車に就職できましたら将来は安泰かもしれません。恐らく技術職になると思いますので、自動運転の開発とかの分野に配属されるのではないでしょうか?

 

第9位 日立製作所

次にランクインした企業は日立製作所です。日立製作所も大企業で有名ですね。やはり大企業に就職できれば将来が安定するのでしょう。日立製作所に就職できましたらロボットの開発や新製品の開発に携わっていくのだと思います。

 

第8位 豊田通商

第8位の企業は豊田通商がランクインしました。またまた大企業が安定のランクインですね。豊田通商は自然エネルギーの開発や振興国に対しての物流をメインにしているみたいです。ですので英語が話せる方や外国に行きたい方にはおすすめの企業ではないのでしょうか?特に新興国のアフリカに注目しているみたいなので興味のある方はエントリーしてみればいいと思います。

 

第7位 サントリーグループ

次にランクインした企業はサントリーグループになります。サントリーグループは飲料で有名ですね。こちらの企業では飲料の開発を主にするのだと思います。サントリーグループはお酒にも強いので、チューハイやウイスキーが好きな人はサントリーグループに就職してから飲料の開発をするのは面白そうですね。

 

第6位 東京海上日動火災保険

第6位の企業は東京海上日動火災保険になります。大企業がやはり人気なんですね。東京海上日動火災保険といいましたらやはり自動車保険が有名なので就職しましたら事故時の保険の相談をすることになるのかと思います。事故した時には焦っているのが大半なので、親身に対応できる人には是非就職してもらいたいですね。

 

第5位 丸紅

次にランクインされる企業といいましたら丸紅という企業になります。丸紅は総合商社ですので様々な分野がありあなたのやりたいことがみつかる企業だと思います。歴史と伝統のある企業ですので将来性は高いです。またグローバルな企業なので英語が得意な方、海外で働きたい方にはいってもらいたい企業です。

 

第4位 三井物産

第4位にランクインしている企業は三井物産になります。三井物産は海外だけでなく国内にも力をいれており「日本の優れたモノやコトを発掘して、地域発の案件を生み出すこと」。を目標にしています。日本の可能性を信じている人や日本に新たなビジネスを作りたいと思っている方には興味のある企業だと思います。

 

第3位 伊藤忠商事

いよいよ第3位ですがランクインされた企業は伊藤忠商事になります。伊藤忠商事は総合商社になりますので、グローバルな展開をしています。やはり日本を代表する企業になりますので、根強い人気がある企業になります。様々な事業を展開していますので、きっとやりたいことが見つかりますよ。

 

第2位 三菱商事

第2位の企業は三菱商事になります。やはり三菱商事も人気の企業ですね。三菱商事はインフラ関連に力を入れていますので、インフラ関係の仕事に就きたい方にはおすすめの企業です。ほかにも金融事業に資源開発等の分野もありますので、色々なことができるのではないでしょうか?

 

第1位 住友商事

気になる第1位の企業は住友商事になります。住友商事は全世界にグローバルな展開を活かし、既存のビジネスモデルの枠組みを超えた新たな価値創造に挑み続けている総合商社になります。住友商事に就職したいと思う方は英語が話せれば強みになります。英語が話せなくても熱意を伝えることができれば就職できるのではないでしょうか?

 

まとめ

以上でランキングの方を終わります。商社関係の企業が5位以下を独占する形になりました。理系の方は総合商社に興味があるのですね。総合商社はいろいろな分野がある代わりにほとんどの商社がグローバルな展開をしていますので、英語は話せるようになっていた方がいいと思います。総合商社は分野が多く自分のやりたいことが見つかると思います。私も総合商社に就職してみたかったです。

またランクインされた企業はすべて大企業だったのですが、今は東芝やシャープが倒産寸前になったりしていますので、一概に大企業がいいというわけではないと思います。大企業だから安心や福利厚生がしっかりしているからという理由ではなく、自分がこの仕事をしたいと思える企業に就職してもらえることを願っています。この記事をよんで就活の参考にしてもらえればありがたいです。

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!