就活 2018卒の活動が本格的に始動して来ていますね!

あなたは順調でしょうか?

さて、今回は解禁前企業分析はどうやるのかについてご紹介していきます。

 

就職活動の解禁とは?

 

よくニュースなどで『2018年度の就職活動の解禁日を3月1日と発表しました』ということを耳にすると思います。ここで言われている‘解禁日’とは誰が何を解禁するのか?

 

まず、働き手を探している企業側が優秀な人材を見つけるための場所や面接のスタート日として解禁するということを意味しています。

 

例えば、ドームなどを貸し切って複数の企業が合同に集合し、同時に採用担当者と会って話を聞くことが出来る合同企業説明会があります。

 

このスタート日を2018年3月1日。(=就活の解禁)それ以降、書類選考を経て、企業が各個人と面接を始めますよ~、というスタート日が同年6月1日と定められました。(=採用活動の解禁)この決定は毎年、前年の秋に経団連(日本経済連合団会)会長により発表がされています。

 

合同企業説明会のスタート日を以って、学生は初めて企業の採用担当者と正式に直接的なコンタクトをとることが出来ます。企業側も学生と会ったという履歴として残されます。

 

就活で解禁前企業分析はどうやる?

 

合同企業説明会がスタートして2018年4月の入社までに一年ほど時間があります。

 

しかし、内定式が2018年10月に開催される企業がほとんどですので、内定が出されるのは遅くとも入社月より半年前です。

 

(内定が出される時期が大手企業の方が遅めだという傾向にあるようですが、会社規模によって左右するのかどうかは各学生の評価にもよります。一概にどうだと言えないのでここでは触れません。)

 

合同企業説明会がスタートする2018年3月から内定が出されるまでは、およそ3~8か月程度です。3か月間というのは就活が解禁されてあっという間に決まるパターンです。

 

既に、2018年の6月には就職先を決めて残りの大学生活を満喫できる人も出てきます。つまり、企業は前年度の就活の終盤で内定出しをしているということです。

 

では、なぜ3か月で決まる学生もいれば8か月くらい就活を続ける学生が出てくるのか?

 

その違いは、就活の解禁日前の行動に違いがあります。他の学生と差をつけるには、解禁前企業分析はどうやるべきか?

 

実際に企業の採用担当者と話す機会は皆同じ3月1日から。しかし、他のツールで企業の分析をして情報を収集しているのです。

 

例えば、採用担当者とは全く関係のない志望企業の先輩社員に話を聞いたりするOB・OG訪問をして会社の雰囲気や社風を調べて希望度を確かなものにしていきます。

 

採用担当者ではないので、ざっくばらんに会社のことや仕事について話してくれます。また、早くから就活対策をしている人は3年生の夏に企業へインターンシップをして気になる企業へのアピールもしくは就活への材料として経験を積んでいる学生もいます。

 

もちろん自分一人で出来ることとしては、企業HPの採用のページを毎日見るということは欠かせません。

 

また、支店があれば実際にお客さんとしていってみるだとか特に誰かにお願いをしなくても出来る研究方法はあります。就活といっても、説明会に参加するだけが就活ではないのです。

 

とにかく早めの行動をとる!

 

就活を始めていったい自分は何になりたいのか、何をしたいのかと悩むことが多いと思います。はたまた、公務員試験を受けるから一般企業の就活は試験の結果を見てからという人もいるかもしれません。

 

どんな人でも大学・大学院を卒業したら就職することになるのだから、自分の道は早くから悩んでおいて方が良いでしょう。

 

大切なのは、解禁前の企業分析をどうやるかによって、その後の説明会へのモチベーションが違ってくると思います。何より他の学生よりアドバンテージがあります。

 

就活解禁前の企業分析によって、しっかりとリサーチをして合同企業説明会や個別セミナーで疑問点の解消や自分の熱意を確かめるという場にしてみると良いかと思います。

 

繰り返しになりますが、就活解禁前企業分析はどうやるかが非常に重要です。これは、就活を楽しむコツでもあり成功させる肝です。

 

当然ながら自己分析も同様に大切な作業ではあります。自分という人物を知らなければどんな職場に適しているかもわかりません。

 

しかし、就活は採用担当者が面接で採用してくれて内定をもらえます。相手がいて初めて採用となりますので相手(企業)のことを良く研究する必要があります。

 

2018年3月の就活解禁前に十分な企業研究が出来なかったという人も大丈夫です。今からでも間に合います。

 

6月1日の採用解禁日に間に合うように通過される履歴書づくり、印象の良い面接対策など実践的な就活対策はいくらでもあります。

 

その他に、興味のある会社について少しずつでも調べてみましょう。同じ大学の先輩で入社している人がいたらお話を聞けると良いですね。

 

早めに企業分析(同時に自己分析も出来たら良い)をすることで、複数の会社を比較することが出来ますし、受験社数が単純に増えます。(夏頃に採用活動を終了している企業もあります。)

 

やみくもにエントリー数を多くしても双方メリットはないと思いますが、自分では気が付いていない可能性を企業の採用担当者が引き出してくれるということだってあります。興味があって真剣に働きたいと思える会社にはエントリーしてもみてもいいと思います。その為には、早め早めに企業の分析をしましょう!

 

就活を成功させるためには、解禁前企業分析はどうやるか!です。

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!