2018年度の新卒採用も終盤に差し掛かっています。
企業によっては、すでに内定者を確定させています。
10月近くに行われる内定者懇親会などを楽しみに待っている学生も多くいるかと思います。

そんな中・・・
まだ内定を手に入ていない学生
希望通りの企業からの内定をもらえず、今後を悩んでいる学生
も多くいるかと思います。

そこで今回は、2018年度就職活動の最終局面となる“秋採用”に関して紹介していきたいと思います。

【2018 就活 秋採用】そもそも秋採用とは?


出典:https://ameblo.jp/connect-link/entry-10872819833.html

スケジュール

基本的に、年間通して就職活動は6月頭より面接による選考が解禁になり、9月までには内定というスケジュールとなります。
(日本経団連に所属している企業に限り/その他は各自の採用スケジュールで行う)

企業目線となると、たった3カ月の間で会社に貢献できる人材を集めるということはなかなか難しいものです。

そのために設けられているのが“秋採用”です。

秋採用を行う企業の特徴

秋採用を行っている会社は、以下の2種類に分けられます。

採用人数の多い大手企業
金融機関・大手メーカーといった企業が、採用枠に足りなかった分をカバーするために
秋採用を行います。

中小・中堅企業
こちらも、夏採用で内定人数を集まらなかった会社は、秋採用も行い、採用枠を埋めれるように努力をします。

【2018 就活 秋採用】秋採用の進め方


出典:https://pixta.jp/tags/

主なスケジュール

・秋採用の合同説明会に参加する
・就活サイトを利用する
・学校のキャリアセンター(就活支援室)を活用する
などとあります。

一番速いのは、やはり希望する企業HPを見るのが一番早いかと思います。

その後は、春採用と同様の流れとなります。
(エントリーシート選考→面接→内定)

秋採用の面接でしんどい点

・面接に落ちる可能性が高い事

内定者枠にまだ足りていない企業が求人を出す形ですが、その枠はもとから少ないです。
その少ない枠に対して、まだ内定を取れていない学生が集まるわけです。
よって、倍率が高くなります。
なので、春採用よりも落ちる可能性は多くあるわけです。

・本来志望していない会社の志望となる

秋採用を出している企業は、名前が知られていない会社も多くあります。
また、業種によってはもともと志望していた業界と異なることが大半です。
志望動機も表面上だけ調べるだけではなく、しっかりと企業を調べ直すことも大事です。

・自分と再度向き合わなければいけない

春採用で内定をもらえなかった理由はいくつかあります。
その理由を見つけなければ、枠が少ない秋採用を勝ち抜けません。
春採用時に発言をした内容などを見返して、何を訴えれば内定をもらえるのか考えなければいけません。

【2018 就活 秋採用】秋採用 人気企業

資生堂グループ


出典:http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/partnerships_initiatives/privatesector/privatesector5/bcta_9.html

2018年度の秋採用では、研究・技術スタッフのエントリ―受付を開始しています。
初任給・・・(大卒)21.5万円
(院卒)23.5万円
平均年収・・・745万円
従業員数・・・約33000万人(技術職・事務職含む)
平均年齢・・・41歳
平均勤務・・・17年

化粧品などの美容関係で大手企業となる資生堂グループは、秋採用を開始しています。

技術職の採用となるので、理系関係の学部で学習している学生が対象になるかと・・・
採用枠は10人程度となり、仕事内容としては“基礎研修”“製品開発”“品質保証・安全性保証の確認”を担います。

また、そこからの量産化や製造・仕上げなどの役割も行います。
研究テーマを持ち、仕事に取り組む方も多くいます。

福利厚生などもしっかりしていますし、企業も大手となりますので安心して入りたい!と思える会社だと思います。

TBSテレビ


出典:http://news.mynavi.jp/articles/2013/05/06/tbs/

テレビ業界は、秋採用を行う業界として有名です。
ただ、もとの採用スケジュールが早い業界ですので、“夏採用”という言い方をする所がほとんどです。

初任給・・・26.13万円(+賞与 年4回)
平均年収・・・1441万円
平均年齢・・・51.3歳
平均勤務・・・24.9年

テレビ業界で有名な会社として、また志望者が多いマスコミ業界で秋採用を行っているのは魅力的です!
募集要項は、一般職(制作や報道・営業)と技術職(制作・メディア技術・CG)の2種類があります。

残念ながら、募集は6月末で閉め切られています。。。

この会社の魅力な点は、何といっても年間で4回も賞与が貰える点です。
割合が他の企業と同じ割合だとしても、定期的にお金の支給があるのは、一人暮らしをする社会人には助かる制度です。
また、通勤費用は全額負担してくれるという良心的な面もあります。

ただ、テレビ業界なので不規則な生活やハードな仕事になるのは間違いありません。
それでも、芸能人と関わる事やテレビ番組を作るといったのは誰しもが一度は夢見る世界です。
秋採用を行っている企業は、各企業や採用サイトのHPをご覧ください。

秋採用だからと言って、待遇が悪くなるなどはありませんし、全く関係のない職種に配属される事はありません。

積極的に次の企業を狙って、内定を獲得できるように頑張ってください!
春採用で内定をもらった就活生よりもいい企業に内定をもらって、威張っている人たちを見返してやりましょう!

 

【関連ニュース】

就活せず、お金を稼ぐ方法がある事を知っていますか?

詳しくはこちら

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!