年も明け、2018年卒の就職活動解禁まで残りわずかです。

本格的に就職活動が始まる前に、「就活と内定」をテーマに書いていきたいと思います。

 

2018年の就活について

 

2018年卒の就職活動は、昨年の流れを引き継ぐ形で、3月説明会解禁且つ6月選考解禁という流れで行われることになります。したがって、採用活動の流れは昨年を参考にして問題ないと思われます。

 

ここからはいくつかの視点に分けて、2018卒の就職活動を解説したいと思います。

 

まず、採用活動の流れについてです。ここでは昨年私自身が体験した、就職活動を記したいと思います。3月ですが、説明会解禁と同時に、各企業の個別説明会の予約がスタートします。

 

ここで優先順位をつけつつ、行きたい企業の説明会に参加しましょう。そして、3月下旬から5月初旬にかけてエントリーシートの提出の時期がやってきます。

 

それと同時並行的に、SPIなどのテスト対策や、より少人数や個別で企業と接触する機会が増えてくるでしょう。そして通常ルートの選考であれば、6月1日から一気に選考が始まり、内々定という流れで、就職活動が進んでいくことでしょう。

 

次に就職活動市場についてです。昨年は「売り手市場」、つまり就職活動生に有利な年と言われていました。そして、この景気の流れを見れば、今年も「売り手市場」のまま推移してくるでしょう。

 

しかし、油断は禁物です。なぜなら、昨年就職活動をした私や周囲の友人の体験からは、「売り手市場」の恩恵を受けたとは言えないからです。

 

確かに、中小企業や不人気企業(いわゆるブラック企業など)の内々定は意外と簡単にもらえた実感はあります。

 

しかし、大手企業や人気企業の倍率は例年と大差なくとんでもなく激戦なので、平気で書類選考や1次面接で落とされます。したがって、特に大手志向の人はしっかりとした対策・準備を心掛けましょう。

 

2018年、就活で内定が最短で出るのは?

 

就職活動の最大の目標である、「内々定」が出る時期は皆さん気になると思います。ここでも、同じスケジュールだった昨年の例を参考に予測したいと思います。

 

まず、経団連非加盟企業の内々定ですが、早ければ1月や2月に出ます。特に外資系企業や採用に積極的なベンチャー企業でその傾向が強いです。しかし、そうした企業だけでなく、日系大手でも経団連非加盟企業であれば3-4月頃に内々定を出すところもあります。

 

具体的には有名な就職サイトを運営する人材系大手企業や、プロ野球の球団を持つ大手IT企業などです。

 

「早めに内々定を確保して、安心したい」という人は、外資系やこうした日系企業を受けましょう。しかし、早いからと言って内々定を得るのは簡単ではないので、しっかりと対策しましょう。

 

次に、経団連加盟企業の内々定を出す時期について説明します。簡潔に言えば、「『通常選考ルート』であれば、基本的には6月以降に内々定」が出ます。

 

というのも、基本的には6月1日以降に1次面接が始まるからです。そして、大体1-2週間ほどすれば内々定という流れでしょう。しかし、「通常ルート」でなく、「特別ルート」であれば話は全く別です。

 

「特別ルート」にのる方法はいくつかあります。一番多いのは、インターンシップに参加した人のルート、他にはリクルーター面談経由やスカウト採用などです。こうした「特別ルート」の場合、経団連加盟企業であっても5月中に内々定、または、ほぼ内々定が確定した状態で6月1日に本社に来るように言われます。

 

こうしてみると、経団連加盟企業であれば基本的に6月以降、例外があっても5月中というケースが多いです。6月1日までに内々定がないと精神的に非常に苦しいので、採用が早い企業も積極的に受けていきましょう。

 

2018年、就活で内定を貰ってからの注意点

 

6月に入り、就職活動を終えると、内々定を2つ以上貰うこともあります。しかし、内々定をいくらもらったとしても、最終的に入社する企業は1つしかないので、どこかには内々定を辞退する必要があります。

 

企業も採用人数が決まっているので、辞退の連絡は早めに入れましょう。内定辞退の連絡は、基本的には電話で大丈夫ですし、大体の場合は電話で終わります。

 

巷の噂では、「呼び出されてカレーやコーヒーをかけられた」などとありますが、それは本当にごく一部の企業の噂で名前が明かされている企業くらいです。

 

なぜなら、内定辞退をされない企業など、ほとんどないからです。真摯に対応すれば企業の人も分かってくるので、「早めに」辞退しましょう。

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!