ゴールデンウィークも明けまして、いよいよ就職活動もエントリーシートが〆切を過ぎ、
グループ面接・WEBテストなどを迎える時期に入ってきていると思います。

 

その中でも人気業界となるのは、“食品業界”です。CMなどで、知名度も高いため
就職活動をしていく中ではエントリーしていく可能性が高いと思われます。
そこで、今回は食品業界の就職活動を取り上げていきます。

【2018 就活 食品 状況】なぜ、食品業界は人気が高いのか?


出典:http://www.food-sonic.com/
食品業界は人気と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
2018年度卒の就活生に、志望する企業ランキングがありましたので紹介します。

総合ランキング

1位 みずほフィナンシャルグループ
2位 三菱東京UFJ銀行
3位 全日本空輸(ANA)
4位 日本航空(JAL)
5位 三井住友銀行
6位 サントリーグループ

全業界で見てみると、やはり大手メガバンクを中心に航空関係2社がランクインしています。これは、文系・理系も含めていますし、また総合職だけでなく一般職採用志望の方も含めていますので、もっと絞れば別のランキングが出ると思います。

食品業界 ランキング

では、注目の食品業界でのランキングはどうなっているのでしょうか。
1位 サントリーグループ
2位 明治グループ
3位 キリン
4位 味の素
5位 アサヒビール

こちらも、CMなどでよく目にする企業ばかりのランクインとなっています。

食品メーカーが人気の理由

まずは“食”はなくなることのない業界という事です。
食事をするということは、人間が生きていくうえで必ず必要になる行動になります。そのため、この食を生み出すメーカーは基本なくならないという安定感が就活生を安心させ、志望度を高める要因となっていると思われます。
ただ、メーカーもなくならないわけではありません。実際に、食品の不祥事が原因で業績が低下するメーカーも多くあります。一概に安心かどうかは不明な点が多いです。
(白い恋人や、雪印の食品偽装など)

また、理系・文系ともに採用枠があるので、学生全体としても志望人数が高くなるため、エントリーする就活生も増えていきます。
理系は、新商品の開発や味の感じ方などの研究を行い、文系だと営業マンとなって商品を売り込む事が出来るというイメージも容易にしやすい事が考えられます。

こういった事が要因となり、食品業界への志望度が高い就活生も多くいることになります。

【就活 2018 食品 状況】食品業界の選考スケジュールは?


出典:http://tmk36.com/life/
スケジュールは、各業界で異なりますが、ひとつの目安としては、“経団連”という組織に所属しているかどうかが関わってきます。

経団連 加盟企業 選考スケジュール

2月:合同説明会
3月1日:就活支援サイト オープン
3~4月:個別企業の説明会
4~5月:エントリーシート〆切
6月:webテスト・試験・面接
7月:内々定
10月:内定式

というスケジュールとなります。
5月なので、エントリーシートの〆切や合否が発表されている状況だと思います。
ここから、志望企業を絞っていき面接準備を行っている就活生も多いでしょう。

経団連 非加盟企業 選考スケジュール

(ある企業のスケジュール)

昨年12月:エントリー締め切り
1月:選考(面接・筆記試験)
3月:内定決定
10月:内定式

ここで問題になってくるのは、“経団連”に所属している企業はネットなどで調べても出てこないことです

カルビーというメーカーは、ニュースで“経団連から、社内報のコンクールで3年連続受賞”などとニュースを流しているため、わかる企業もありますが・・・
といった状況です。

あまりにも早すぎる内定や、選考スケジュールを組んでいる企業に関しては、注意が必要になります。

【就活 2018 食品 状況】人気企業ベスト3 紹介!


出典:http://www.kansai-frozen.co.jp/
2018年度卒の就活生に人気の企業を紹介します。

1位 サントリーグループ

初任給・・・(院卒)242400円/(大卒)226000円
平均年齢・・・38.6歳
平均年収・・・924万円

サントリーグループとして採用を行っています。
企業名を聞いて思いつくのは、モルツやストロングゼロといったアルコール飲料や、南アルプス天然水といったソフトドリンクも売り上げている企業ですが、実は飲料だけではありません。
“ロコモア”といった、運動器の障害を予防するためのサプリメントの開発・販売を行うなど、幅広い力を持っています。

2位 明治グループ

初任給・・・(院卒)235000円/(大卒)217000円
平均年齢・・・42.6歳
平均年収・・・956万円

明治は、2つのグループ会社で成り立っています。
株式会社明治→牛乳・アイス・チーズ・サプリ(プロテイン)など
MeijiSeika ファルマ株式会社→医薬品・農薬・動物薬など

明治といったら、アイスなどのイメージでしたがグループで動物薬なども製造販売していることを知っている方は少ないのではないでしょうか。

3位 キリン

初任給・・・(院卒)252000円/(大卒)232000円
平均年収・・・1054万円
平均年齢・・・39歳

有名商品は、午後の紅茶やビールの一番搾りといった有名どころの商品をたくさん持っている企業です。最近では、一番搾りシリーズで、47都道府県のビールを製造しました。
(何県か飲みましたが、しっかり味が異なりました・・・)
また、既存商品のリニューアルも頻繁に行い、現状に満足せず、高みを目指しているという印象を受けます。

やはり、名前が売れている企業は業績もいいのでしょうか。志望度も高そうです!

以上が食品業界の現状となります。
この業界は、夏採用などの追加募集が少ないため、すでにエントリーシートの〆切を過ぎている企業が多いかと思います。

 

ただ、食品メーカーは大小合わせると数えきれないほどあります。
有名メーカーだけではなく、新しく市場を開拓してやる!といった方は、地方に特化したメーカーを探してもいいかもしれません!

 

関連記事にブログ

http://emilysfoundation.org/

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!