皆さんこんにちは!3月もいよいよ残すところあと2日になりましたね!ついこの間就活が解禁され、合同説明会が始まって
きましたが、就活生の皆様は着々と就活は進んでいますか?

 

就活を順調に進めている方は選考試験に向かうために対策を立てている方もいるのではないでしょうか?それにしても1月たつというのは本当に早いですね。ついこの間就活解禁の記事を書いた気がしますが、もう1月立ちましたからね。

 

そこで今回の記事は企業から内定をもらえる時期はいつなのかを調べてみたいと思います。就活生にとって内定をもらえて初めて就活が終わりますので、できるだけ早めにもらいたいと思います。

 

就活で内定が一番多く出る時期とは?

 

調べてみたところ就活生で内定が出る時期は4月~5月に内定がもらえると思っているみたいですが、実際の所は7月~8月に内定をだすところが多いみたいです。

 

就活生の考えている時期とは若干の開きがありますが、なぜそれくらいの開きがあるのかといいますと、選考試験や面接で時間がかかる場合が多いみたいです。

 

中には早めに内定を出す企業もあるみたいです。その理由としましては、優秀な人材を確保するためにあえて早めに内定をだして人材の確保に努めるためだと思われます。その内定が出る時期としましては面接解禁日からすぐに内定が出るみたいです。

 

このような方は恐らくインターンですでに内定をもらっている方たちだと思います。それか就活解禁日と同時に対策をしっかりしていたり、面接官にいい印象を与えられた方が就活解禁後に内定をもらえる方だと思います。

 

そして意外にも9月に内定が集中することもあるみたいです。しかしこの時期の内定は7月~8月の時に比べて内定の数は減りますが。

 

何故9月にも内定が集中するのかといいますと、10月に内定式を行う会社が多く、企業としましても9月までにはなんとか採用者を獲得したいと思うからです。思うように優秀な人材を獲得できなかった場合や、ぎりぎりまで選考を続けて優秀な人材を獲得したい場合 に8月~に選考が行われ、9月に内定を出すので9月までに内定が決まることもあるみたいです。

 

内定式の時期が決まっている理由は?

 

次に内定式が決まっている理由を見ていきたいと思います。就活生にとって手に入れたいのは何よりも採用内定だと思います。その内定を正式に受ける儀式が、内定式と呼ばれています。就活生は早い方で、4月に内定をもらえる方もいるとは思いますが、内定をもらっている状態ではなくあくまで内々定の状態なのです。

 

正式に内定の手続きをするために内定式が存在しているみたいですね。そしてほとんどの企業が内定式を10月1日にやるみたいですが、皆さんはこの理由をご存知でしょうか?この理由としましては経団連が定めている論理憲章で定められているからみたいです。

 

10月1日なのは学生は本来勉強をするのが学生です。学生に対して早すぎる就職活動を防止するために定められた結果10月1日に内定式が行われるみたいです。

 

言い換えれば、内定式の時期は企業が自由に決められることができると思います。それにも関わらず10月1日に内定式を行っているのは経団連に属しているのか、論理憲章をしっかり守っている信頼できる企業ではないでしょうか。

 

そして内定式は就職までの中だるみを防止する役割もあると思います。4月に内定をもらった方は内定式まで6月ほど時間があく方もいると思います。そのような方は企業の勉強をしておけばいいのですが、恐らく遊びほうけていると思います。

 

社会人になると半年近い休みを得られることはめったにありませんので、遊びほうけるのは仕方のないことだと思います。企業としては緊張感がないまま入社日まですごすと、企業への愛着や仕事へのモチベーションが低下してしまう恐れがあります。

 

そこで10月に内定式を行うことによって、社会人としての心構えを構築するためだと思います。10月は内定通知と入社日のちょうど中間にあたる時期であり、気持ちの中だるみを防いでくれるのと、新社会人としての心構えを再構築するのにピッタリの時期だからです。

 

企業側が内定式に内定者懇親会といった食事会を開いたりしますが、学生の仕事意欲を高めたり、モチベーションをあげるという目的があります。

 

まとめ

 

以上で内定の時期の記事を書き終わりますが、内定をもらったからと言って気持ちが昂るのもわかりますがあくまでも内々定ですので、気持ちを緩めるのはまだ危ないかもしれません。10月1日に行われる内定式が終わって初めて内定を獲得することができますので、内定をもらったからと言ってうかれないでくださいね。

 

そして9月にも内定はもらえるときがあるみたいなので、就活生の皆さんは最後まで、あきらめずに内定を獲得してほしいものです。まだ就活は始まったばかりなので、就活生の皆さんは自分の力を信じて頑張ってください。

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!