皆さんこんばんは。2018年に就活をされている方はうまく就活できていますか?今年の就活も売り手市場だと思いますので、思いがけない大企業に就職できるかもしれないですね。

 

今回の記事は2018年の就活の内定時期は早くていつなのかを調べていきたいと思います。

 

3月から就活はスタートしていますので、私は5月くらいには内定が出る企業もあるとは思いますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

就活生が思っている内定の時期は?

 

最初に就活生が思っている内定が決まる時期を見てみます。就活生の回答によりますと、大体5月~6月くらいには内定 もらえるんじゃないの?という方が大半なようです。

 

さすがに4月に決まることはいくらなんでもないとは思いますので、5月~6月に内定をもらえるのが一番いい時期かもしれませんね。速めに内定をもらって就活とはおさらばしたい方が大半だと思います。

 

就活は友達とかが内定をもらってきたりすると焦ってきてしまいますよね。

 

実際のところいつ決まるの?

 

いろいろ調べていきますと、内定をもらえる時期は早くて6月上旬みたいです。3月に就活が解禁されてから早くて3ヵ月かかるということです。

 

内定がもらえるまで思ったより長いですね。2月ほどあれば内定を出してもいいとは思います。3ヵ月も就活をするのはやっぱり大変です。

 

そして5月くらいに内定をもらえて残り少ない学生生活を少しでも長く楽しめたらいいのですが。

 

内定は早くて6月にしか決まらないのはなにかしら理由があるのだと思いますので、次はその理由について調べてみましょう。

 

6月からしか内定が決まらない理由は?

 

まずは就活の大まかなスケジュールを見ていきます。2月まではインターネットや企業理解、自己分析をされていると思います。

 

そして3月1日から就活が解禁され皆さんはエントリーや説明会に行っているのではないでしょうか?

 

それと同時にエントリーシートの提出もして、自分のやりたいことができる会社や入社したい企業にアプローチしているはずです。

 

そして3月の下旬になりましたら。、選考試験を始める企業もあると思います。

 

この時期になりましたら企業にいっぱいエントリーされている方は複数の選考が重なってしまい、対策不足になってしまったり、寝不足で試験に集中できなくなる方もでてくるのではないでしょうか?

 

そうならないためにもしっかりとスケジュールを決めて効率よく就活をしていかなければなりません。本命の企業の選考試験の時に寝不足になっていたらどうしようもありませんからね。

 

そして筆記試験から始まり、筆記試験を通過された方は1次面接になります。面接の対策は特にやっておかないと内定をとれなくなりますからね。

 

恐らく面接は就活では一番重要な項目だと思います。どんなに勉強ができたとしても結局は人柄と企業に対するやる気を面接官は見ていると思いますので、面接の対策だけはしっかりとしていてください。

 

1次面接が通れば2次、3次面接と進んでいきますが、どこかで集団面接もあるかと思います。

 

集団面接が私は一番苦手でした。個人で面接していれば自分のいいたいことをいえばいいのですが、集団面接のやっかいな所は回答が被った場合です。

 

特に志望動機や自己PRが被ってしまうと似たようなことを言っているから、どこかで聞いてきたのだろうと思われてしまいます。

 

そうならないためにも2つか3つパターンを用意しておいた方がいいかもしれません。

 

私は集団面接の対策はパターンを何個か用意しておくことと、他の人が言わないようなことを用意して臨んでいました。

 

速い企業で恐らく3月の下旬から選考試験が始まりますが、エントリーしている方が多ければ採用するのを審査するのに時間がかかるのと、

 

面接を3次から4次までしなければならない企業もあるとは思いますので、やっぱり内定をもらえるのははやくて6月になってしまうのではないかと思います。

 

まとめ

 

こうやって調べてみますと3月は就活のはじめの一歩なのが分かりました。2月までに自己分析や企業分析をされていた方もまたやっているのかもしれません。

 

そしてエントリーシートが通って筆記試験に進んだ方は筆記試験の対策をしっかりとやっているのかもしれません。

 

しかし、就活はまだはじまったばかりなので、焦らないで自分のスケジュールをきちんと管理していってもらいたいです。

 

大事な試験の日に体調不良になったりしたら元も子もありませんので。6月までまだ3ヵ月もありますので、就活生が楽になるのはまだまだ先です。

 

しかし、6月に内定がもらえれば来年の4月まで残りの学生生活を楽しめることができるので、社会人になる前の最後の学生生活を楽しむためと自分のやりたいことをするために自分の行きたい企業にエントリーしてからまだまだ続く就活を乗り切っていってください。

 

この記事を参考にしていただけるとありがたいです。

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!