さて、もうそろそろ3月ですが、3月と言えば大多数の企業がエントリーを開始し就活が本格的に始まる時期ですね。

 

就活スケジュールは年によって違ったりしてややこしいもの。あなたはちゃんとスケジュールを立てられていますか?

 

2018年の就活事情

 

まず、今年のスケジュールを見る前に去年のスケジュールを見てみましょう。

 

2017年はそれまでとは異なり就活のスケジュールが2か月前倒しになりました。詳しく調べてみると、選考の時期が2016年では8月であったのに対し2017年では6月へ早まっています。

 

これにともない、企業説明会は3月~4月、ESの提出時期は3月となったため2月までにいかに準備できるかがカギとなります。

 

2018年の就活スケジュール

 

次に実際の2018年の就活スケジュールを見てみましょう。

 

大まかな流れとしては、エントリーしてESを提出、場合によってはSPIなどの試験をして面接を受け、内定を獲得します。

 

内定確定後は内定式や企業によっては内定者での懇親会、勉強会などもあるようです。段階ごとに時期を見ると、エントリーとESは3月~4月、経団連の提示するスケジュールは今年も去年と同様で大きな変更はなく、選考も6月開始となっています。

 

しかし変更がないため昨年度と比べライバルたちに余裕があり、差をつけるのは難しくなっていると考えられます。やはり早め早めの対策がカギとなるでしょう。

 

2018年の就活スケジュール おすすめの進め方は?

 

では、具体的にどのようにしてスケジュールを進めればよいのでしょうか。

 

まず、今すぐに始めなければならないことは「就活の軸を決める」、「テスト対策」この二つです。就活の軸を決めるというのは自分がどのような企業を目指すのかを明確にすることであり、これが決まっていないと就活における目標が定まらずにとりあえずESを書く、とりあえず面接をするという適当な就活をする羽目になります。

 

このような就活だと適切な対策を練ることもできず無駄に時間だけ消費することになるでしょう。そのためにもまだ決まっていない人は自分でリサーチして就活の軸を定めておくことが大事です。

 

テスト対策についてはSPIなどの問題集を何周かこなしましょう。最近ではエントリー時にWebテストを課す企業も多く、3月に入ってから始めるとぶっつけ本番でテストを受けることに、なんてことになりかねません。

 

特に非言語分野についてはコツをつかむのに時間がかかります。テスト対策は就活の軸が決まっていなくてもとりあえず始められるので、早めに始めることに越したことはありません。

 

更に、これらに追随して進めておくべきことがあります。それは人と話す練習をすること。面接だけでなくグループディスカッションなど、就活ではどうしても人と話す場面があります。

 

当然これを避けて通れるわけではないので対策が必須になるわけです。ではどのように練習すればよいのでしょうか。以下にそのポイントをまとめました。

 

・論理的に話す練習をする

面接ではされた質問に対し面接官を納得させられるように答えることが大事です。そのためには筋道だてわかりやすく論理的に話す訓練が必要です。

 

一番簡単な方法は日常会話でそのような話し方を練習することです。例えばその場のノリで話すのではなく、理由や根拠をつけて相手へ返答することを心掛けてみましょう。

 

もちろんそのようなメソッドが書かれた本を参考にするのもアリです。また、心配であれば面接の練習をしてもらったりGD対策のセミナーへ出席したりしましょう。

 

・はきはきしゃべる練習を

あなたが普段会話している人は親しい人が多いでしょう。付き合いがまあまああればあなたの声に慣れているため会話を聞き取ってもらえず詰まってしまうということはあまりないと思います。ですが面接やGDではほとんど初対面の人と話す機会の方が圧倒的に多いです。

 

活舌や発声ができていないと話していることを聞いてはもらえないでしょう。これを回避するために、論理的に話す練習と同様いつもはきはきしゃべる練習が必要となります。喋るポイントはボイトレの本などを参考にするとよいでしょう。また、最近ではそのようなポイントをまとめたサイトなどもあるようです。

 

・語彙を増やす

語彙を増やすのも面接などをこなすために必要な要素です。これは相手にわかりやすく説明できるようにするだけでなく、自分のアピールを印象的なものにする上でも大切なことです。

 

日ごろから文章を読むことが大切ですが、時事問題にも対応できるようにするため特に新聞や新書などを読むようにすると良いでしょう。

 

以上が就活で進めておくべきポイントです。あとはエントリーあるのみ。根気強く頑張りましょう。

就職以外の選択肢を考えたことはありますか?


日本人の多くは、大学、短大、専門学校、高校などを卒業したあと、何の疑いもなく就職します。それは、就職以外の選択肢を学校で教わっていないからです。日本の教育では、最終的に就職するようカリキュラムが組まれています。ですので、学生のほとんどが就職するのは当たり前といえば当たり前です。


ですが、いまや大企業でも安定とは言えない時代に突入しています。東電の経営赤字、東芝やシャープの経営危機、少し前には日本航空(JAL)が破綻しました。


そんな中、最近はYouTuberが人気になっていたりなど個人の力で収入を得ていく職業が増えつつあります。彼らは、会社に縛られることもなく、好きなことで生きていくことができています。


誰でもうまくいくわけじゃない、才能のある人だけが出来るんじゃないのか?

そう考える人も多いでしょうが、実は高価機材・顔出し・声出し不要で多くの人に見られる動画を作ることも可能です。あなたも自分の力で収入を得て生きていくという新しい生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか?


YouTubeの基礎からチャンネル登録数・再生回数を増やす方法まで総合的に学べる環境もありますので、今すぐチェックしてみてください!

→ 自由を手にしながら好きなことで生きていく!